障害者手帳とは、障害のある人が取得することができる手帳です。

障害者手帳の申請先や申請方法が市区町村により異なり、とても手続きが複雑なことから申請をためらうことが少なくありません。

障害者手帳を取得することで、障害の種類や程度に応じて様々な福祉サービスを受けることができます。

障害者手帳の種類

身体障害者手帳
身体に障害がある人に交付される手帳で、障害の程度によって1級から6級まであります。

療育手帳
知的障害児(者)に対して交付される手帳で、障害の程度により、最重度・重度の場合は「A1」「A2」「A3」、中度・軽度の障害のある場合は「B1」「B2」と表示されます。

精神障害者保健福祉手帳
一定の精神障害の状態にある方に交付される手帳で、障害の程度により1級~3級まであります。

障害者手帳の交付申請は行政書士が申請代理を行うことができる手続きです。

体を動かすことができない場合や、平日の昼間には時間が取れない場合など、悩みも多いことだと思います。

また、病院や施設から動けない方の場合は、こちらからお伺いします。

障害者手帳交付のメリット

  • 公共料金等の割引
  • NHK受信料の減免
  • 税金の控除・減免
  • 所得税・住民税・相続税・贈与税の控除
  • 自動車税・自動車取得税の軽減
  • 駐車禁止等除外指定
  • 生活福祉資金の貸付
  • 障害者雇用
  • 障害者職場適応訓練の実施
  • 公共料金等の割引
  • 鉄道・バス・タクシー等の運賃割引
  • 携帯電話料金の割引
  • 上下水道料金の割引
  • 心身障害者医療費助成
  • 公共施設の入場料等の割引
  • 福祉手当
  • 通所交通費の助成
  • 軽自動車税の減免
  • 公営住宅の優先入居

※手帳の種類や等級または地域などで異なることがあります。